Logo

工場システムのグローバル標準化が始動クルマ社会の未来を支える価値創造を目指す



自動車部品メーカー大手の日立Astemoは、グローバル競争力を強化すべく、工場システムの変革を進めています。この取り組みを加速させるため、同社は Cisco HyperFlex を採用し、工場システムの標準化と開発・運用の内製化に舵を切りました。目指すのは「グローバル共通プラットフォーム」をベースにしたスマートファクトリーの実現です。まず産業用セキュリティ緩衝領域 IDMZ(Industrial DMZ)を構築し 、国内主要工場で稼働を開始しました。

日立Astemo は、国内外の自動車メーカーに様々な自動車部品を供給する大手部品サプライヤです。強みであるメカトロニクス制御技術を活かし、パワートレインシステム、シャシーシステム、先進運転支援システム(ADAS)の付加価値を高めるとともに、電動化や自動運転を支えるシステムの開発・提供にも力を入れています。さらに IoT や AI、情報通信やセキュリティ技術など日立製作所(以下、日立)が保有するデジタルテクノロジーを活用し、次世代モビリティを支えるコネクテッドカーのシステムソリューションを日立グループとして提案するなど、豊かな社会づくりに貢献しています。



Cisco HyperFlex™ Systems with Intel® Xeon® Platinum processor

Intel, the Intel logo, the Intel Inside logo and Xeon are trademarks of Intel Corporation or its subsidiaries.


今すぐ資料を無料で入手


Privacy:




By submitting this form, I am agreeing to cisco' privacy policy






3501, Jack Northrop Ave, Hawthorne, CA 90250.
Copyright © 2022 AiThority

AiThority Privacy Policy